dsvfdhghhgnhgkugjgfcxbv cxvdzcv xvfdzv xcn gvfvdxzz

「今からはがきを出しても、締め切りまでに返ってくるのは2割、3割になるかもしれないぞ。それを『党員の意向』としてよいのか」
そんな意見も出た。
結局、3票の行方は意向調査の結\果に加え、地方議員の意見なども総合的に勘案し、最終的には役員会で決めることになった。

自民党員は全国で約108万人。果たして地方票の結果は党員の民意を反映したものになるのだろうか。
(文中敬称略)

自民党総裁選挙で党員投票が行われなくなったことを受けて、党本部と全国の地方組織の青年局のメンバーがオンラインで意見交換し、各地の都道府県連で予備選挙などの実施を求めていくことを確認しました。

この中で、党本部の小林青年局長が、1日の総務会で、党員投票は実施せず、両院議員総会を開いて新しい総裁を選ぶことを決めた経緯を報告しました。

そして、全国の地方組織の青年局のメンバーから、「説明は理解したが、党員の声を聞くため、予備選挙を行うべきだ」といった意見が相次ぎ、各都道府県連に割り当てられた地方票3票の投票先を決めるために予備選挙などの実施を求めていくことを確認しました。

また、青年局として、総裁選挙を迅速に行うための党員名簿の管理や投票のデジタル化を求めていくことも確認しました。

会合のあと、小林氏は記者団に対し、「全国の組織と連携して党員の声を反映できるよう予備選挙の実施を引き続き呼びかけていきたい」と述べました。

 
Comments